自分だけのステージ立て

田中樹くんのオンナ

ジャニーズJr.祭り SixTONES単独公演

ジャニーズJr.祭り
SixTONES単独公演
2018.03.26 18:00〜
in横浜アリーナ

お久しぶりです。少年たちも書いてます(現在進行形)。忘れてません。忘れた頃に出します。

私の応援するジャニーズJr.のグループ、SixTONESが単独公演を行いました。横浜アリーナで。ジャニーズJr.が横浜アリーナで単独コンサートをしました。横浜アリーナで単独コンサートです。(何回言うの)

夢のような2時間半でした。
終始泣いてるし、メモもぐちゃぐちゃなので自信はありませんが忘れないうちに書きます。

前日から気が気じゃなかったし、眠れないし、日付が変わっただけで気が狂いそうになっていたので、入って始まるまで自分が何をしていたか全く覚えていない。よって大半のオンナたちが気づいている檻の存在に全く気がついてない。何見てたの?照明が緑と紫のようなピンクのような……気が動転しすぎ。


<OP>
謎のイグアナ?、森、メンバー紹介のような祭りの映像が個々に流れて時すでにヤバイ。
森?モリ?あぁもう無理…と思っているところに檻の中にモフモフの白い衣装を着た6人が現れて、檻の存在に気づいてない私「まって、檻!?え!?新衣装!?は!?まって、時が止まれと、初めて感じた、!?」


<Jungle>
一曲目から新曲
あぁもう好きもう降参もうズドン。
またbounce言うてる…腰…bounceWelcome to the Jungle……ジャングルか!ジャングルだったのか!この怪しげなセットと照明はジャングルだったのかーーーー!!!(パオーン!)
しかも檻に入って歌う6人の周りは火柱がドッカンドッカン上がってて初っ端からこんなに特効使って大丈夫スカ?と岸くんになってしまう。
そして自担がライオンを名乗り始めてうぇ!?となる。他メンバーこの時点で覚えてない。
新衣装はモッフモフで獣感しか。
他グループが大阪から新衣装お披露目してたのに、自軍だけ単独までのお楽しみにしていた理由がここで分かった。
動物モチーフの衣装なんすよ
田中→ライオン🦁
京本→コウモリ🦇
髙地→ハリネズミ🦔
ジェシー→シマウマ🦓
松村→鳥🦅
森本→くま🐻
こういうのジャニオタ嫌いなわけないよね、むしろ好きだよね
何度も言うけど、SixTONESって天才だよね

新曲をJr.祭り最終日でもやってくれたり、我らが源太がPONでやってくれたり、まずは4/3更新のジャニーズJr.チャンネルを見て欲しいんですけど、歌詞の内容がだんだん分かってきて最初の樹くんソロが「甘い香り 君も誘われて」なんですよ……甘い香り…誘われてる…声もめちゃくちゃ甘いから…全国民聴いて…
そして肝心の動物パート!

遠くで雄叫び上げるライオン
洞窟の
まっ、遠くで雄叫び上げるライオン!?遠くで、雄叫び上げる、ライオン…?じゅりちゃんのことなんですけど、MCで喋り倒す、ラップぶちかます、あのじゅりちゃんのことを「遠くで雄叫び上げるライオン」と!?SHINDOI
脱線してすみません。

遠くで雄叫び上げるライオン
洞窟の闇舞うコウモリ
誰も寄せ付けないハリネズミ
This is the Jungle
風を切り走ってくゼブラ
翼を広げ歌うバード
眠りから目を覚ましたベア
Here we go!

まずかっこいい。まさにかっこいい。
洞窟の闇の中を舞うコウモリはまさしく闇属性のきょもにぴったりだし、ニコニコ笑顔を売りにしている優吾の誰も寄せ付けない感(しんどい)、長い脚で風を切り走るジェシーはシマウマそのものだし、ここで歌う役割がほくとくんなのが意外だけどしっくりくるし、寝てる時は全然怖くないのに眠りから目を覚ました熊ってめちゃくちゃ怖いですよねそのフレーズだけで怖い寝てる時以外は常にしゃべっているような何をするか分からない慎太郎はくまさんでしかない。

すごい。

すごいしか言えない。ジャンゴォ

そしてなんかTシャツの下から手入れて襟から出すみたいなよく分からんかっこいいこととかやる。腹チラもする。エロい。かっこよすぎてよく分からん。こんなに早く映像が見れると思わなかった。ジャニーズJr.チャンネル神なのか?


<IN THE STORM>
イントロだけでぶち上がるよ……!
ギラッギラッギラッって始まった時ムービングステージに乗った6人が見えた気がしたけど幻らしい。樹のラップのとことかムビステ乗ってたよね?ムビステ乗ってセンステ移動したんじゃないの?いつか絶対やろうな、
メンステからセンステへ移動。


<BE CRAZY>
まさかのセンステでヘドバンを回転しながらやるもんだから、初めての体験に戸惑う。えっ無理。
センステからバクステに移動。
樹のラップのところで背中合わせで円になる6人。それを樹ラップを筆頭にカメラがぐるぐる回って(ドアップ)、あ、デビューしてる…って思った。本当かっこよかった。かっこいいしか出てこない。
SixTONES6人と1万5千人でバンバンバン!やったの本当に楽しくて終始泣く。
「後ろを絶対振り向かないで 前だけを見つめていく」
強さしかない。SixTONES強い。


<らいおんハート>
こんなにガンガン攻められた後にらいおんハートで涙腺がおかしなことになった。リフターに乗って歌う。樹は祭りブレイブソウルと同じ場所だった。他メンバーもかな??
「君を守る為 その為に生まれてきたんだ」
いや、無理(咽び泣き)


<Jungle>
えっっっっっっまさかのJungleサンドイッチ(死)(死)(死)
しかもさっきと歌詞変わってるし!?!?

目を光らせ忍び寄るライオン
いや待ってくれよ、獲物狙ってる〜〜〜〜〜(泣)
狙われちゃってるよ〜〜〜〜〜なんならもう捕獲されてる〜〜〜〜餌や、わいは餌や〜〜〜〜!!!!
すみませんが樹以外は分からないです〜〜〜涙
すみません〜〜〜!

でも慎太郎のベアの後、前半はHere we goだったけど、Oh yeah〜って笑うんすよ……あ、無理だ。ジャンゴォ


曲終了後、優吾がマンション最上階に。いたの!?(CV:ジェシー)
「みなさん盛り上がってますかー!?」
SixTONESは好きですかー!?」

と煽ってくれる優吾。この間に横アリ中が黄色のペンライトに染まってそれはそれは綺麗(泣)
自担のソロがめちゃくちゃ楽しみになった瞬間。
ブロックごとに声出しをします!
アリーナ!スタンド!「盛り上がってますか!」かわいい。
恒例のセンターをタレントが把握してない事件。
「いやー!横浜アリーナで1人で喋るのってめちゃくちゃ快感ですね!!」
と素直に喜んでくれる優吾が好き。
SixTONESはね、今旅をしている途中です!まずはジャングルから始まりました!とっても魅力的だったと思います!」
自分で魅力的とか言っちゃう。好き。
「旅は続くよー!!!!」


<旅は続くよ(髙地優吾ソロ)>
マンション最上階にいた優吾が降りていく途中でメンバーから色んなものを貰うんだけど、一発目が樹で気抜いてたこちらは慌てて双眼鏡構えた。
樹は確かジャポのスカジャンなしのベスト衣装だったと思う。
そんな樹から帽子を受け取り被る

次は慎太郎!
慎太郎が持ってる傘と樹からもらった帽子を交換こ。

お次はきょも!
双眼鏡を持ったきょもが指さす方へ
傘をきょもに渡す

次がほくとくん
地図を持ったほくとくんのところへ行って地図を奪う!そして投げ捨てる!(笑)
ここの打ち合わせをするゆごほくもなんとジャニーズJr.チャンネルで見れます。すごい。

ラストがジェシー
レッドカーペットを持ったジェス待機。
ジェスが広げたレッドカーペットの上を歩く優吾〜!その優吾(というか自分)に紙吹雪を撒くジェス〜!ジェスから紙吹雪奪って自分に撒く優吾〜!最終的に優吾に残りをドカッと降り注ぐジェス〜!まるっとかわい〜!!!
そしてレッドカーペットを翻し投げ捨てるハマの番長髙地。

センステに歩いていく途中でしんじゅり登場。
コチィ〜コチコチ〜コチィ〜!コ〜チ!コ〜チ!
とガヤガヤしながらジャポの衣装を優吾に着せてあげる。
「俺のかわいい帽子どこ〜〜!」
とか言っててかわいい。
しかも一緒にセンステに向かっていく中で樹がラップを担当しててしんどみ。

センステについたら四つ角からそれぞれきょもほく、しんじゅりがおっきいカラフルなお手手をつけてパッ!パッ!と出たり入ったりを繰り返す。

総じてカワイイ

優吾の世界は本当にかわいくて癒されるよ〜〜


<JAPONICA STYLE>
通常祭りと同じ。
2番冒頭の樹ソロできょもじゅりがセンターに残ってきょもじゅりコン始めるところ本当に好きです。他の4人何してるか全然分からん。
きょもソロ終わってダッシュでメンステ戻る樹もめちゃくちゃ好き。
祭りであんまり扇子キャッチ成功してたイメージなかったけど、単独はまじバッチリすぎて気合いがやばかった泣いた(すぐ泣く)
あと布が落ちてきた時のオンナ含め合同では他のグループの方たちも「布……!!」ってなってたのたまらなかった(笑)
そして、太鼓登場。


<BRAVE SOUL>
ダダッダッダッダダ!
あのイントロ聴くと戦闘意識高まる(?)
今まで棒あり、棒なし、と様々なブレイブソウルを見せてもらってきたけど、太鼓叩いてくるなんて思わず。SixTONESほんと可能性だらけ。
答えさえないdungeon〜の樹ラップのところは樹の太鼓に全員集まって5人が叩く前で樹がスーパーかっこよくラップを披露するというめちゃくちゃに高まる演出。
それだけに留まらず、棒登場で久々に棒ありブレイブソウルを見た〜〜〜!と高まる。
更には樹がギターをギュイギュイ弾いてくるというブチアゲ演出に声も語彙も失う。
あのギター樹の私物かなぁ?初めて見たぁ
樹のギターに魂とばしかけてたから下でゆごほくが殺陣やってたのなんて知らない。


<小さい頃の写真コーナー>
慎太郎が出てきて小さい頃の写真が出る。
普通に慎太郎のソロだと思ったら違うオチ。
「皆さん盛り上がってますか!!」
\イェ〜!!/
「ん〜まぁまぁ3割くらいですかね、10割出せますよね!?盛り上がってますか!!」
\イェ〜!!!!!/
「なんで12割を出すぅ」←おたくに甘い///
「私が出てきたということはですね!そうです!昔の写真を公開ですのコーナーです!」
4〜5歳のかわいい慎太郎の写真が出る(全く覚えてない)
「成長度がすごい!ってね!ちょうどみどり組だった時のですね!あっ!会場もちょうど緑ということで!!!」
みんな慎太郎のソロだと思ってるからペンラ緑にしててそれ見て驚いてる慎太郎メチャカワだった〜。
次の方〜!ときょもが登場。
「僕の写真はこれです!」
と天使のようなお写真が出てくる(まるで覚えてない)
「これは多分さくら組だった時のかな〜」
「ちょうどピンクになってますよ!」
次優吾。めちゃくちゃかわいい(ギリギリ記憶にある)
なんの縁もない組(オレンジ組?)で、
「今緑、ピンクっていい感じにきてるんですぅ!」
「でもみて、胸元に6って書いてあんの!徒競走6位だったのかな」
「僕はずっと1番だったんですけど!」
次がほくとくん。かわいい(かろうじて覚えてる)
「こちら、メンバーカラーの黒を持ちつつ、ブレイブソウルを小さいながらにやっているSixTONESを意識しているという」
「最近ね、みんなと喋るようになってきましたか?」
「少しずつ喋るようにはなってきましたね」
「してないですねその感じは。徐々に距離つめていきましょう!今多分80万キロくらい離れてるんで!」
「アフリカか!」
「ちょっとよく分からないんですけど」
次が樹。かわいさ大気圏。(これしか覚えてないの)
「自分でもびっくりしたんだけどさ、これめっちゃかわいくない!?しかもちょっとみんな見えるか分かんないけどこれ前歯ないからね。何才くらいのかちょっと覚えてないんだけど、この頃から海好きだったんだろうね」
「前髪スカスカじゃないですか」
「これね、自分で切ったの。自分で前髪バーッて切ってママにめっちゃ怒られた」
「今でもママのこと大好きですもんね」
「ええまぁ…」
「じゃあママに大好きだよって言ってもらっていいですか?」
「ちょっとあっち(見学席)見るのやめてもらっていいですか」
「じゃあお願いします」
「ママ大好きだよ(大照れ)」
ハーーーーー慎太郎ありがとうーーーーー!
「みんな自分に置き換えない〜!自分に置き換えてキャーって言わない〜!」
厳しんたろう。
ジェシー。ここで赤とんぼ流れ始める。
「これは一発芸大会で準優勝した時のですね、(笑)空手です空手」

<赤とんぼ>
「一緒に!」と煽られてなぜかSixTONESのコンサートで赤とんぼ歌うオンナたち。ジェシーが1フレーズ歌うとモニターにメンバーと小さい頃の写真が出てきて歌どころじゃなくなって各自各々キャーキャー祭り。
「みんな一緒に歌ってくれないの」
と拗ねるジェシーかわいいやつだ。
小さい頃の写真を急に出してきたりするし、KAT-TUNおばけな私は(もしやマザファザ……?死)と先走りましたが、ここで謎の赤とんぼを歌ってくるSixTONES好きです(笑)
初めての大きいハコでのコンサート、嬉しいのは本人たちだけでなく、ご家族もだよな〜と色んな意味で嬉しい。


<茜空(京本大我ソロ)>
スクリーンに、
作詞 京本大我
作曲 手越祐也
ってバーーーーン出てオンナ発狂みたいな。
弾き語りではい、きょも好き。
ちょっとだけ、少しだけ、とつかくんとのあれを期待したんだけど、やっぱり歌の面できょもが尊敬しているのは手越くんだし、横浜アリーナでの初めての単独コンサートのソロでこの曲を選んできたのは納得。でも、見たことあるギターだよな…ってギターばっかり見てたんだけどこれはやはりとつかくんのギターだった。
アカペラのところで鳥肌がすごくて胸がぎゅっとなる。きょもの歌声はやばい。
曲終わりにスクリーンに「いつもありがとう 大好きです♡ きょも」の文字も映し出されてたいがちゃん好き…とメロる余裕もなく真顔でメモ取った(笑)


<あやめ(松村北斗ソロ)>
きょもソロから間髪入れずにほくとソロで
きょもほく
やはりシゲアキ先生のソロ曲を選んできた松村北斗さん最高。
あやめと松村北斗の親和性!!!
あやめの花を持って白シャツストールの松村北斗くんほんと天才だった。がしかし、その後白シャツの田中森本髙地ジェスがバックについたので
無理度200%!!!!!!!
メンバーのバックで踊るメンバーってジャニオタ絶対好きじゃん?もれなく好きじゃん?
すっっっごいこれをバックで踊る樹がそれはもうすっっっごいかっこよくて、根がバック担の私歓喜
ありがとう松村北斗くん。


<この星のHIKARI>
終盤でこの星歌ったっけ…?って記憶から飛んでたくらい、あやめがやばかったんだわ。
センタートロッコからの外周で樹が近くに来たことは覚えている…でもアリーナ規模のウォウウォウウォー!楽しすぎだし感動しすぎだし、記憶飛んだ。でもウォウウォウウォーやったことは記憶にあったんだよ…もう無意識でもイントロ流れたら歌える……。


<SHOT!>
あやめのせいもあるだろうが、この星が飛んだのはこの曲のせいでもあると思う。
SixTONESKAT-TUNのSHOT!をやる日が来るなんて(歓喜)(泣)
生きててよかった。
SixTONESのオンナに生まれてよかったー!!
イントロが流れた瞬間腰から逝ったので腰が逝った。
しかも外周にスタンドマイク登場。
それ、あの頃のKAT-TUNを見てたやつじゃないと分からんやつや……(泣)
しんどいofしんどい。
ジャケットを羽織って歌い踊る樹が本当にたまらなくて、私本当生きててよかったと思ったよ…。やっぱり田中の弟がKAT-TUNの曲を歌ってるのを見るのが私は好きだ。


<はだかんぼー>
からの山下さん曲はやべーの極み。
花道移動して「脱いで脱いで〜」でネクタイ緩めてシャツ脱いでいく田中樹くんを見れてなんかもうこの世に悔い無しっていう感じ……。
YJ生まれYJ育ちなんで冒頭の
「散々愛想振り舞いちゃ姉さん」\姉さん!/って1人でやってた。周り全然やってなかった。あれ?私だけ?ってなった(笑)
でもやっぱりネクタイ片手で緩める田中樹さんが…本当に…好き………


<LOVE JUICE>
イントロで腰から逝った(二度目)
女王コンコンプリートまで間近……。
はだかんぼーでシャツ脱ぐじゃないですか、シャツの前空いてるじゃないですか、そのままの状態でラブジュやるってどんな…どんな演出なの…ちょっと…。
しかもこの曲6人でやるんだ…6人で出来るんだ…。
あの照明の使い方も赤西くんのそれでしかなくて、本当にSixTONESと鑑賞会しながら酒飲みたい。
しかもなんかメインステージでピンスポに照らされながら各自各々各自のネクタイを身体に巻き付けたりくわえたり引っ張ったりしていてなんかもう
何事!?
ヤバオブザイヤー受賞。
ほくじゅり以外のペアが分からない……
だってなんかじゅりちゃんほくとくんが首に巻き付けたネクタイ引っ張ってるし、ちょっと時止めて!!!!!ってなる。もしドラえもんが我が家にやってきたら間違いなくあの瞬間にタイムマシンで連れてってもらう。ドラえもんうちに来ないかなまじで。
SixTONESがこんなにド直球のセクシー系やるの初めてで、YouTubeのJungle見ても改めて思ったけど大人の男の魅力もすっごい出てきてて、大人になったんだなぁってしみじみしちゃう。

マンションにいつの間にかあがってるし、背中向けてバッサー!はだけて6人でキメて暗転してキャー!ってなってもう横アリに墓建てる気満々だったけどすぐ照明ついて「ちょっとー!」「キャー!恥ずかしー!」「消して下さーい!」「消して消してー!」って言いながらそそくさシャツ着るSixTONES
「みなさん、そうです、僕達これからMCに入ります」
「MCが1番盛り上がってんじゃねーよ!(笑)」
生きようと思った。SixTONES好きだ。


<MC>
優吾「みなさんMCなんで座っていいですよー!」
「座ってる間に僕達前閉めます」

北斗「横浜アリーナでやらせてもらえるなんて何年ぶりですか?」(一昨日ぶりでは?)
「2012?2012とか超懐かしくね?」
優吾「2012年はクソガキだったよね」
「会話に入ってくるペース早くね?!(笑)」
優吾「だって超楽しくない!?」

「LOVE JUICEでバッて脱いでそのままMC入る俺らのメンタルやばくない?」

「なんかさ〜久々に円陣組んじゃったよね」
ジェシー「いつもハグはしてるんだけどね!」
\やってー!!!/
「ちょっと1万5千人一気に喋られても分かんない」
北斗「聖徳太子じゃねーから」
\やってー!!!/
「え?何?何をやってほしいの?円陣?それともハイタッチ?どっち??」←モテでしかない
慎太郎「3秒笑って?」
パッパラパー「「「さーんびょーおわらってー!」」」
「やめてください、怒られます」←自分もちょっとやった人
北斗「でも6人だけで横アリは初ですからね!」
「ね!SixTONESになってからは初めてだもんね」
優吾「クリエから始まり、こんなに大きいところでやれるようになりましたー!!」

北斗「俺ら横浜アリーナとかHey!Say!JUMPさんのバックとかでよく立ってたじゃん?なんかHey!Say!JUMPと俺らで横浜アリーナ埋まってたのに俺らだけでやるってなったら怖くて!」
「めちゃくちゃ怖かった!」
北斗「席とか1つずつ空いてたらどうしようって思った」

「楽しいのは分かるんだけどさ、年下2人はしゃぎすぎ!」

「ちっちゃい頃の写真用意しといて!ってママに言ったら、これがとっておき!これが1番かわいい!って持ってこられたのがあれだった」
慎太郎「あれほんとかわいいよね!あのポーズやって!」
(ポーズ取る樹)
大我「新幹線みたい」

「あとはなんと言っても新曲じゃない!?俺らも実際賭けだったんだよね!1曲目から新曲っていうのは。でもみんななら盛り上がってくれるって信じて。あれかっこよかったっしょ!?」←モテてる
ジェシー「かっこよかったよぉ!」
「あなたも出てますよ!」
北斗「曲だけじゃなくて衣装もね!」
慎太郎「テーマがあるんだよね!」
「おれぇライオン」
慎太郎「田中ライオン」
ジェシー大西ライオン
慎太郎「やってよ」
「ちょっとみんな助けてよ…?……しーんぱーいないさァァァ(掠れ)喉がっ」
優吾「後半戦もあるから!!」
「髙地はなんなの?」
優吾「僕ハリネズミです(笑)」
北斗「ハリネズミさんさ、シャツボタンかけ違えてるよ」
「ジョイマンみたいになってるじゃん」
優吾「ナナナナー!ナナナナー!(ジョイマンじゃなくてHGみたいな動き)」
慎太郎「HGじゃんHG」
ジェシーは?」
ジェシー「俺シマウマ(反応薄い客)あれ?みんなシマウマ知らない!?黒と白のシマシマのやつ」
「1番有名だわ!」
「きょもは?」
大我「僕はコウモリですね!」
慎太郎「ヴァンパイアやってるから」
「そうじゃん!だから俺ら恋するヴァンパイア5人で見に行ったんだよね!」
大我ゲネプロっていう本番前の通し稽古見に来てくれて」
「きょもなんかさ、本番10分前くらいずーっと俺らに連絡してきてさ、緊張してんの」
優吾「でも俺らに気づかなかったんだよな」
大我「そう、結局最後のカーテンコールまで分からなかった(笑)でも勇気もらって初日迎えましたよ!」
「次は慎太郎は?」
慎太郎「僕はクマですね、森のクマさん。あ、イントネーション間違えた、モ↑リ↓のクマさん」
「お前自分のことモリって呼ぶのやめろ!」
北斗「僕はあれです、鳥です」
「きょもほくがちょっとかぶるんだよね、コウモリは鳥ではないんだよね?」ナイスTOP
大我「鳥なのかな?」
ジェシー「飛んでいきなよ!」
きょも、ほくとくんの方へ飛んでいく。ほくとくんまじかって顔しながら同じく飛ぶ、近づく二人、くちばし作る二人、チュッ♡
きょもほく
叫ぶEverybody 揺れるEverybody

〜モリのコーナー〜
慎太郎「ではみなさん右手をいいですか、挙げて下さい、右、左、右、左、イージーズダンスイージーズダンス踊るモリを見てる〜」
ジェシー「じゃあ僕もいいですか、右、左、右、左、海の声が聴きたく“手”」
北斗「お前の手だけに1万5千人付き合わせんなよ」
ジェシー「え?ほくと?」
北斗「今のは俺じゃねぇだろぉぉ」
ジェシー「今のは俺じゃねぇだろぉぉ」真似する
大我「じゃあ僕もやっていいですか?幸せなら松たか子っ♪さんさん👏🏻👏🏻」
「ちゃんとさん付けるんだwww」
慎太郎「僕もやっていいですか!幸せなら松たか子っ♪レディゴー❄」

「ほんとわけわかんないのだけはやめよ?(笑)すぐジェシー警察に捕まるから(笑)」

〜見学者紹介〜
「たくさんの方が見に来て下さっていて…まずはNEWSの増田くん。ありがとうございます!隣に…これはきょもから紹介してもらった方が…」
大我「紹介します、、僕の父上です」

増田「かっこよかったよ〜!!!大我もね、手越の曲やってくれて…。あと北村くん」
北斗「松村です!松村北斗です!あれかな、名前とごっちゃになっちゃったのかな?」
ジェシー「もう北村です!!!」
北斗「はい!北村です!」
増田「北山もさ!」
北斗「松村です!」
ジェシー「この時代のチャンピオンさ〜」
増田「あれだよね…シゲ?のソロだったよね…?」
北斗「すみません、ほくしげでやらせて頂きました」
増田「まだ後半戦もあるもんね!もりやんとかやってないもんね!」
慎太郎「はい!ちゃんと用意してますんで!」

「キンプリも来てくれてるんだよね!紫耀はドラマの撮影で来れてないんですけど」
6人「岸いる?岸?」
「はい!います!!」
優吾「岸が着てるやつ京本からもらったやつじゃん!」
「そうっす!」
「デビュー日いつなんだっけ?」
神宮寺「5/23にシンデレラガールという曲でデビューさせて頂きます!」
ジェシー「え?23日?じゃあ俺ら22日にしよう!」
👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻
「岩橋は?」
岩橋「はい!ズドン!」
「そのズドン下から待ち構えて食べたい」←また言う
慎太郎「みなさん僕のいつめんです、よろしくお願いします」
「あと…なんか関西からも来てくれてるんだよね?大西流星
流星「はい!」
「りゅちぇ何で来たの?」
ジェシー「歩いて来たの?」
流星「新幹線で来ました!」
「ちょっと岩橋とりゅちぇ並んでみて」←職権乱用
「岩橋とりゅちぇあとで写真撮ろうね」←パート2

その他Jr.を紹介
スーツで来たのえたん(多分自分の単独公演だから正装で来た)に「就活生か!」ってつっこむSixTONESのみなさん。

優吾「昨日Snow Manの公演見に行ったけど、逆に緊張しちゃったよね」
「みんなさ、昨日何時に寝た?何時間寝た?あっ、どっちにする?何時?何時間?」←カワイイ
北斗「何時に寝たかにしよ!…あ、俺から?俺はね2:00とか。全然寝れなかった」
「めずらし!」
慎太郎「俺は1:00」
大我「おいらは〜2:00とか」
「ジェスは?」
ジェシー「俺4:00」
「嘘でしょ!?髙地は!?」
優吾「俺12:00!(笑)」
「俺も3:00とかだわ。想像したらアドレナリン出て寝れなかった!」
北斗「俺眠れなかったからYouTube見てた」←ナイスな流れ
「あっ、知らない人もいるかもしれないんですけど、YouTubeでチャンネルを持たせてもらっていて毎週配信しているので是非見て下さい!今日もね、楽屋に定点カメラとかを置きまして、それを次回配信しようかなと。それで最初のどーもーSixTONESでーす!ってところを今撮りたくて」

どーもーSixTONESでーす!ジャニーズJr.チャンネルイン〜?\横浜アリーナ〜〜〜!/を撮影。
この時の樹がめちゃめちゃはしゃいでいてめちゃめちゃかわいかった。

宣伝
坂道のアポロン
・恋するヴァンパイア
・ボスキャット
・バニラボーイDVD
「買ってないよーって人は買って頂いて、買ったよーって人もまた買って頂ければと」
・慎太郎マクドナルドのアルバイトが決まる
ジェシー「ウゥウ♪ウゥウ♪ウゥウ♪」←ポテトのやつ
・グッズ

きょもジェシ2人先にはけて着替え

webでブログやります
「4月中〜4月末くらいかな〜楽しみにしてて下さい!」
慎太郎「俺1こやりたいのがあって、あああああああだけのブログ」
「絶対やめてください?」

2人にバトンタッチで4人はける



<Why?>
本人たちも言ってたけど、Jr.の中でも歌唱力トップレベルの人が2人もいるグループって本当強いなって思った。何回聴いてもいい曲。
センターステージで向かい合って歌うきょもジェシに本当2人がSixTONESでよかったー!と思った。


<V(森本慎太郎ソロ)>
さっき、きょもソロに期待してたって言ったじゃないですか、だからめちゃくちゃ油断してたわけですよ。ジェシーとかもありえるけどきっとこんな大舞台ではやらないだろうなって思ってて。まさか、慎太郎が、戸塚祥太くんのソロをやるなんて!
戸塚祥太くんのVを森本慎太郎くんがソロでやりましたよ!!!!!!!
しかもV。
ここまでで崩壊した涙腺が更に崩壊してなんかもう壊滅状態。樹担のくせに慎太郎ソロで大泣きしてるから周りから見たらどうしたあいつって感じだったと思う。
めちゃくちゃ個人的なことになるんですけど、この曲を聴いて私が何度泣いたか。一昨年のツアーでこの曲を私がどんな想いで聴いたと思います?(知らんがな)
この曲はとつかくんがファンとメンバーを想って書いた曲なんです。それを人一倍メンバー想いな、ファン想いな慎太郎が選んできたのは納得だけど、
振り返らず前に進もう もしまた迷っても向こうへ
手を繋いでいてよずっと 大喝采浴びたくて 華やかすぎる舞台の上 華やかじゃない位置にいても
大袈裟なことなんかじゃなくて 君がいるから大丈夫 いつでも 今でも 君は僕等の軌道
なんて自分が応援してる人に言われたら泣いちゃうよ!慎太郎エモすぎるよ!最高だよ!今思い出しても泣けるよ!きょもジェがバックについたんだけどそんなのあんまり覚えてないよ!この曲をセンターステージで歌って踊る慎太郎が好きすぎてそれどころじゃなかったよ!
華やかな場所で6人が輝けるように、大喝采浴びれるように、ずっとずっと手を繋いでいくよ!6人がいれば私達だって大丈夫だって思えるよ!
(熱くなりすぎ)


<Ready?>
懐かしすぎてこれなんだっけ!?ってなった(笑)
キスマイの未音源曲見つけてくるとかさすがで〜す。ラップが好きな曲〜!


<12o'clock>
腰から逝く(三度目)
私含め全オンナ(?)が懇願していたオクロックをとうとうSixTONESがやったぞーーー!!!
オンナに生まれてよかったーーー!!!
ティクティクターク!
な田中樹さん本当無理すぎて本当無理だった…(;_;)
もう1回見たい……。
SixTONESの歌声にめちゃくちゃ合ってると思ってずっとやってほしかったけど、実際めちゃくちゃ合ってて想像通りすぎた……。
そして途中で消える田中樹さんにドキドキする…フランスパーン……


<黒ーンズ>
そろそろ樹が消える=樹ソロと一概に言えないってことに慣れてほしい。何回同じことするの?
なんかスクリーンにゲームのスタート画面的なスーパーマリオブラザーズ的な画面が出てきて音楽もピコピコ系でかわいい。
「やめろって!それはなしだろ!おい!まじで反則じゃない!?いってー!!」
と一人芝居しながら出てくる田中クロちゃんはやっぱり他の5人とはぐれちゃってるし、SixTONESは6人で囲んでズドンしてくるからなかなか倒せないしで苦戦中。
田中クロ【武器:剣】
「どうも皆さん初めまして田中クロと申します!僕たちのこと知らない人もいますよね!僕たちSixTONESっていう6人組の知り合いなんですけど、今SixTONES対黒ーンズで戦ってまして…オリャア!ウオー!………はい(笑)他の黒ーンズのメンバーどこにいるか知ってる!?」
\知らなーい!/
「ぜんっぜん何言ってるか分かんない。どこに行ったかみんな知ってるー?!」
\知らなーーーい!!/
「知らないかー!どうしよっかなー!あいつら自由だから呼んでも出てくるか限らないしなー。おーい!おいはやくー!」

「へーい!えーい!」
「この声だれだ!?」
ナイトメア京本【武器:盾】
「ナイトメア京本です!」
「これから戦うのにさ、君持ってるの盾だよね?自分のこと守ろうとしてない?あっこれでみんなのこと守ってよ!」
「これでみんなのこと守る!」
「防御担当ね」
「オッケー!防御担当!」

松村ほくろ【武器:死神みたいな鎌】
「やっと着いたー!どうも!黒ーンズの松村ほくろです!」
「なんかお前の武器リーチ長くね?」
「これちょっと作戦あんの。俺どう見ても保健室の先生じゃん?だから、次の方どうぞ〜!(鎌を身長測るみたいに頭の上から)ブッシャー!」
「それ6人分やるの?」
「これあと5回やります」

ジャスティン・ビーバー【武器:マンモスの骨(棍棒)】
「次のやつ!」
「なんだぁ!」
「はい自己紹介して!」
「ワッドューユーミーンどうもジャスティン・ビーバーです!でもこれちょっとあんまウケなくなってきたから次テイラースウィフトにします」
「性別変わっちゃってんじゃん。それ何?」
「これマンモスの骨、これマンモスの背骨をンンンンーンッ!ってやったやつ。これ必殺技あるの。ドメスティックドメスター!!!(?)」
「それ最高。めっちゃ最高」
「じゃあそれで頑張ってSixTONES倒してよ?」

ジェブラ【武器:グローブ】
「どうも、ジェブラです」
「お前素手でいくの?」
「シュッシュッシュッ!」(シャドーボクシング(動いてない))
「それは早すぎて見えてないの?」
「シュッ」
「シュッしか言えなくなっちゃった」
「グローブの中から鉛の板がっ!」
「そういうのいいから!よし!これで全員揃ったな!」

黒髙地【武器:ブレイブソウルの棒】
「ちょっと!俺もいるから!なんでみんな武器用意されてんの?俺ないからブレイブソウルの棒なんだけど!ブレイブ!ソウル!」
\ブレイブ!ソウル!/
「みんなもやらなくていいから!!!じゃあSixTONES倒しにいくぞ!」

<黒ーンズのテーマ>
1万5千人と1人のざいまーーーす!大合唱も、1万5千人と6人のズードン!大合唱も、横アリでざいまーーーす!してるぅ〜〜〜!迫力がすごい〜〜〜!と無駄に感動。
今回もざいますのクセがすごい慎太郎に大爆笑のじゅりちゃんが見れて幸せ〜!!!
ジェシーの一発芸は「最初はグー!ジャーン👐🏻」

いつものごとく、うわ〜!と散り黒マントを脱ぐSixTONES。赤のバッテリー衣装になってサングラスかけてEDMっぽい音が流れてくるからバッテリーきた〜!と思ったけど合同とはまた違った音を使ってくるし、おやおや?と思っていたらセンステに座り込む6人。
ま、まさか……!、


THE D-MOTION
ザッザイマーーーース(泣)
この感じ前もあったな〜〜〜!不意打ちDモ〜〜!まじか〜〜〜!!!
横浜アリーナで樹のカウントダウンが見れたよ〜〜〜うれし〜〜〜!!!単独はあんまりカメラに抜かれなかったけど、次の日の合同でやった時はカウントダウン樹ずっとカメラに抜かれててサイコウ〜!って感じだったよ!
しかし、ところどころ歌が途切れたり、いつものDモとまた違う。えっなになに?マイクトラブル??


<Battery>
Dモサビ前にまた音が切り替わり、Batteryの来るぞ来るぞ感がひしひしと伝わってくる。次こそBatteryだ!!!!ビタッと静止する6人。
Batteryだ〜〜〜〜〜!!!!!!
合同でも見飽きるくらい見てたけど、単独でまた演出を変えてくるなんて本当SixTONESってすごい。怖い。私は語彙がない。
しかも、先程のDモで声が途切れ途切れだったのもマイクトラブルなんかではなく、電池切れのSixTONESがBatteryで充電完了するという鳥肌演出。
突然だけど好きーーーー!!!
本当に彼らのパフォーマンス力には圧倒されっぱなし。彼らと周りのスタッフさん有能すぎる。


<Jumpin'up>
あ〜〜〜〜ありがとうありがとう〜〜〜(号泣)
横浜アリーナの、1万5千人の、「じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり!」が本当に、じゅりコールを一身に浴びてるじゅりちゃんが今までのどのじゅりコールよりも輝いていたよ……本人もめちゃくちゃ嬉しかっただろうな〜!だって本人じゃなくてもあんなに鳥肌たったのに、1万5千人に名前コールされるって経験普通できないじゃん!?すげ〜よ〜😂💙💙メロ
横浜アリーナでじゅりコールが出来る日が来るなんて思ってなかったな〜。EXシアターでもクリエでも新橋演舞場でもお台場の特設ステージでも楽しいのに、横浜アリーナでやって楽しくないわけがないよね(;_;)


<I LOVE YOU(ジェシーソロ)>
「予想外の曲」と本人が前置きしたので、ジャニーズの人の曲じゃないのかな?って思ったんだけど、聞き覚えのないイントロが流れてなんだろなんだろってワクワクしてたけどまさかの尾崎!!!!!
あんっなに上手なI LOVE YOU聴いたの初めてだわ。ジェシーとカラオケに行ったらこんなに上手なI LOVE YOUが聴けるのかと思ったらカラオケで例えるの豪華すぎるけど、ジェシーとカラオケに行ったも同然だよね!?
しかも案の定堂本剛くんがカバーしたバージョンだったらしい。さすが強火。
ジェシーとカラオケに行ったら軋むベッドの上で優しさ持ち寄るジェシーが聴けるなんて贅沢〜!ジェシーとカラオケに行きたい人生だった〜!!!!
ジェシー、尾崎裕哉さんとコラボして〜〜!UTAGE!でコラボして〜〜〜〜!


<田中樹ラップ(田中樹ソロ)>
また聞き覚えのない曲きた〜〜〜!ってすぐ樹のソロだって分かった。しかもなんか櫓に乗って出てきて
圧倒的強さ
なんかセットというか、組み立ての際に使うようなやつ。鉄骨の櫓。なんか階段。3階建ての。それの1番上に樹が乗ってきて、どんどん前に出てきて、なんかもう無理。また高所恐怖症なのに高いところに登って!!!かっこいいんだけど!!!?Amazing!!!!!!衣装なのがまた更にかっこよさ増してるから……。
歌詞も出ないし、曲名も出ないし、何言ってるか分かんないし、もう何も分かんないし、何も言ってくれないし、肝心なことはいつも何も言ってくれないし、って毎度拗らせ彼女やっちゃう。いつか田中樹ラップアルバム出してくれ…?
シャウトしてるし、ポンポン言ってるし、なんかもうよく分かんないけどガチガチのラップキメてなんかもうよく分からないから…。いっつもそう…。(拗らせんな拗らせんな)
すっっごい早口でガーーーッてラップしてくるし、なんかもう拗らせすぎて全然顔しか見てないから本当ストTubeで制作時点からのドキュメント撮って動画あげてください。1千万回見ます。
途中でメンバーが黒い看板のようなものを担いでその櫓に乗ってくるんだけど、よく見たらそれぞれオリ曲のタイトルが書かれていてなんなの!?あれなんなの!?って感じ。私は樹の顔ばっかり見てるから全然気づいてなかったんだけど(笑)


<オリジナル曲リミックス
今までのSixTONESのオリ曲、BE CRAZY、この星のHIKARI、IN THE STORM、Drop the beat SixTONES、JAPONICA STYLE、Jungle、そしてBRAVE SOULのリミックスで次々自分たちの曲がウルトラスーパーかっこいい感じでアレンジされてリミックスされていって何?何?待って?という感じ。
最後はドロストのWe are S.I.X.S.T.O.N.E.S SixTONES!!!
からの


<Amazing!!!!!!>
分かってた!分かってた!けど!次Amazing!!!!!!来るって分かってたけど!!
バゴーン!!!!!!って花火ぶち上がって始まるし、あ〜大きいところでAmazing!!!!!!が出来るってこういうことなんだな〜!とぶち上がる。
でも何度見てもやっぱり好きだし、やっぱり新橋演舞場を思い出す。
24日にヘイユーリグレットサーセナーイゼーじゅりちゃんを見て強靭な心臓になってるからもうAmazing!!!!!!で何されても強く生きれる。
ギミギミソーヨーハーのところ本当回を重ねるごとに激しく抱かれる(笑)
本人たちも言うようにSixTONESの代表曲といったらAmazing!!!!!!だし、すっごい気合い入ってたの分かったくらい強いAmazing!!!!!!だった。元々ド強いのにこれ以上強くなってどうする。


<Beautiful Life>
最後の曲でリフターに乗って自曲のバラード歌うグループ本当にずるいよね(;_;)
KAT-TUNから生まれてるからコンサートの最後にバラード歌われるのに弱い。
そしてやっと2番お披露目で泣く。
「君の心 僕の心 そう分け合えたようで」
がしんじゅりパートだったと思う。
1つの奇跡が2つに増えてく とか
晴れの日も雨の日も道は続く みたいな歌詞で6人とファンの未来はこれからも明るいんだなって、未来へ急がなくてもいい、ゆっくりでもいい、この6人と夢を叶えていきたいと思いました。
本当にこの曲を優しい顔で歌う自担がめちゃくちゃ好きで、何十回とこの曲を歌う樹を見てきたけどこの日が1番いい顔してた。
そしてきょもの未来へ急げの後、樹が「みんな!1回ペンライト消して!俺がせーのって言ったら一気に赤にしてね!オッケー?すぐくるよ?」←モテてる
って一気に赤に染まる会場が本当に綺麗で、本当にその中にいる6人が綺麗で、1回ペンライト消して!って樹に言われた時秒で消すスト担の従順さも好きだし、ペンライト付けたらまず白になるから一気に赤にするの無理だわってザワついた会場も好きだし、あの空間全てが好きだった(泣)

終わって「みんなペンライトありがとう!めっちゃ綺麗な景色みれました!」って言ってくれる樹くん本当好きだし、最後は6人並んでメインステージの下に降りていく時も最後まで手を伸ばしてくれて、真っ先にはけていくでお馴染みの田中樹くんが最後まで腕を伸ばしてくれていて締めつけられる想いだったし、「まぁペンライトよりお前らの方が綺麗だったけどな!」って言う田中樹くん無理です好きです……。一生好きです……。
「また遊ぼうね!」って必ずまたを約束してくれて、コンサートをすることを遊ぶと表現してくれる樹くんがいつまでも好きです。


ENC1
<SHOW&SHOW>
全員スタトロ。
下手が樹、大我、北斗
上手がジェシー、慎太郎、優吾
見下ろされる感じがたまらなかった…合同はのえたんと一緒だったから、1人でスタトロに乗って手を下に伸ばしてハイタッチしてる姿が本当好き…


<BE CRAZY>
Are you CRAZY?を愛してるぜって歌うジェス(頭抱)
「下の方さぼんないでよ!!!」
って樹に言われてそんなこと初めて言われた!全くサボれない!
「みんなで撃ち合いしよーぜ!」
ってバンバンバン!一緒にやったのも楽しすぎたし、時刻むきょもほくは私でも見てた。

そして最後に夢だった、「俺たちがー!!!!」\SixTONES!!!!!!/銀テバーーーーーン!が叶った(泣)
夢は叶う。
俺マイクなしで言うわ!、俺もマイク置く、俺も、みんなマイク置いてって地声で俺たちがしたのも最高だったし、銀テ飛んだら「銀テばっか見てんじゃねーよ!」「もう帰っちゃうぞ!」と拗ねるSixTONESまで全て最高。
最後、ズドン忘れた!とズドンで終了。


ENC2
<この星のHIKARI>
「ほんとに何も用意してないのよ、」
って出てきたんだけど、やぁだ芸を久々にジェシーとやって、私たちとジェシーのAmazing!!!!!!待ちみたいになったのウケた。何事もなかったかのように「じゃあ最初にもらった曲やる?」って進める田中樹さん。1万5001人でスベッた。ギネス載るわ。

本当にこの曲を1番最初にもらえてよかった。
「時止まってほしいね!」
「時止まってほしー!!」
からの全員での大合唱は一生忘れないと思う。

「またここで出来るように、、もっとデカいとこに連れて行くから」
とか言われちゃ黙ってついて行くしかない。


その後もSixTONESコール鳴り止まなくて、規制退場始まってからもずっと続いていたけど、最後拍手で終わりスタッフさんへの感謝で終わるSixTONESの公演はSixTONESのファンでよかったなって思う1つの瞬間です。

だいぶ期待して臨んだ公演だったけど、ほんとにいつもその期待以上のものを魅せてくれる6人がそして6人に力を貸してくれるスタッフさんがほんとに頼もしくて、これからもずっと同じ景色を見て行きたい。

いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。